FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
3歳児の試練
ただいませいちゃんは試練の真っ只中にいます。

あんなにプリスクールに行くのを楽しみにしていたせいちゃんですが、数回行ったあたりで、「ママ、もうプリスクールに行きたくない」と言ってきた。

何があったのか聞くと、クラスのある男の子が、キックをしてくるとのこと。「もう行かない!」と家で大泣きのせいちゃん。
それに釣られるかのようにえりも、行きたくないといい始めた。
「学校楽しいこともいっぱいあるよ!クラスパーティーとか、クリスマスパーティーとか、エッグハントとか。学校に行かなくなったらそんな楽しいこともできないよ!」というとえりは、「わかった。学校に行く!」と早くも気が変わった。(早っ)
えりちゃんは、せいちゃんと一緒に行きたいんだって。

話していくうちに、せいちゃんはキックをしてくる男の子に「やめて!」の一言が言えないらしい。
そこで、「嫌なことはきちんと「やめて!と言わないとまたやってくるから、今度きちんと自分で「やめて!」と言ってみよう!
先生も助けてくれるし、大丈夫だよ」と励ますも、「もう、行きたくない!行かない!」の一点張り。

せいちゃんは大の頑固者。

次のプリスクールの時に先生に話をして、先生も注意して見てるからねと言ってくれて、その日は無事に終わり、帰ってくるとまた「行きたくない!」と大泣き。

学校に楽しんで行ってる、ねえねとにいにも、「気にしちゃだめだよ。」「どこにでも意地悪な子はいるんだよ。ねえねとにいにの学校にも意地悪な子いるけどその子を気にしなければいいんだよ」と励ましてくれたのですが(兄弟っていいねと思う微笑ましい場面でした)

そして、また、次のプリスクールの日。今までクラスに泣きながら行ったことはなかったのですが、その日はもう車から降りずに泣き喚き、無理やり降ろされ、抱きかかえられて大泣きしながらクラスへ。大泣きしているせいちゃんを見たクラスメイトが釣られて泣き始め、ほかの子もちょっとうるうるして泣きそうに。「がんばれ、せいちゃん!」とその場を後にしてきました。
その日は、それから少しして落ち着いたらしくあとは楽しく遊んですごしたよとお迎えの時に先生が教えてくれて一安心。

それからも毎日、学校に行かないと泣く日々。せいちゃんに、「せいちゃんやママやみんな、神様から宿題をもらっているんだよ。どこにいてもいやなことはあるんだよ。にいにやねえねも学校でいやなこともある。でもね、神様はみんなに強くなってもらいたいんだよ。ずっとママとお家でいるのは他の子から嫌なこともされないし、ママと一緒で安心だけど、でもね、神様はせいちゃんに、いろんなことをしてもらいたいと思っているんだよ。学校で新しいお勉強したり、新しいお友達を作ったり、それでね、神様はせいちゃんにもいやなことはいやって言えるようになってもらいたいんだよ。そしてね、いやなことがあってもどうやって楽しくできるか、せいちゃんやママやねえねも、にいにもみんな神様から宿題をもらってるの。」と。


私もカープールは並ぶし時間もかかるので朝はクラスまで送り届けていたけれど、カープールにして先生が車から降ろしてくれたらあとは自分たちでクラスまで行かせるようにしてみたら、車でも泣いてぐずっていたせいちゃんも降りるときは、嫌がらず降りてえりちゃんと二人で一緒に行くようになった。そして、ある日、学校どうだった?と聞くとキックをしてくる男に一回、たたいてやり返したらとのこと!まだ、やめて!と言えないみたいだけど、やり返せたのは進歩!次は言葉でやめて!と言えるといいね。せいちゃんがやられたのを見たらえりが「やめて!せいちゃんは私の双子のお姉ちゃんなんだから」と言ってくれてるらしい。えりちゃん、good job


家では強気でえりをいじめては泣かしているけど外に出ると引っ込み思案になってるせいちゃん。家では一番の泣き虫だけど、外ではひょうひょうと過ごしているえりちゃん。なんか不思議だね。


今日、今は風邪でお休みしているけど、治ってきているので金曜から学校だね!というと、「学校に行きたくなーい!」と大泣きのせいちゃんでした。

せいちゃん、いろんな経験をして強くなろう!!!学校楽しくなるといいね。

ママは毎日お祈りしてます。

スポンサーサイト
【2015/10/07 21:33 】 | 子育て | コメント(0) | page top↑
<<予防注射 | ホーム | 一人が風邪になると...>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。